Unity:Monodevelopで日本語を入力できるようにする

UnityのMonodevelopで日本語を入力できるようにする方法です。

 

Unityの標準搭載のEditorはMonodevelopです。

 

基本的に使いやすくいいのですが、

ただ一つ日本語を入力することができないのが難点です。

 

ですので今日はそのMonodevelopで日本語を使う方法を

解説していきたいと思います。さっそく説明に入ります。

 

日本語を使えるようにするにはいくつか方法があるのですが、

今回は日本語を使うために痛Monodevelopというものを使います。

 

痛MonodevelopとはUnityの中の人が作ったMonodevelopの背景を

変えることができるというものです。

下記のように変えることができます。

 

f:id:anchan828:20140117205400p:plain

 

本来はEditorの背景を変えることができるものなのですが、

これを導入すれば同時に日本語入力も可能になります。

 

導入方法はこちらのリンク先のけいごのなんとかさん(HPの題名)のHPに説明が記載されています。

 

Unityでの使い方ですが、設定をし直さなければプログラムを開く際、

標準でついてくるMonodevelopが起動されてしまうのでここを直します。

 

下の場合では上で作成したMonodevelopの名前を変更し、

痛Monodevelopとし保存しています。ですので人それぞれ違うと思うので、

自分自身がつけた名前で読み替えて設定をしてください。

 

[Windowsの場合]

まずUnityのメニューのEditor->preferenceを開きExternal Toolsを開きます。

そこにExternal Sclipt Editorという項目があるので、そこで上のリンク先で

設定をした痛Monodevelopを選択します。

 

するとしっかり起動時に痛Monodevelopが立ち上がってくれます。

[Macの場合]

Unityメニューから[Unity]-[Preferences]で設定を開き、

そのあとはwindowsの設定で説明したのと同じ要領でできます。

 

日本語を入力することでscliptで動的に日本語メッセージを

変えることができるようになります。

 

この方法でどんどん活用していきたいですね。

 

以上、Unitで:Monodevelopで日本語を入力できるようにする方法でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です