Unity入門:マウスクリックを取得、座標を取得

Unityでマウスクリック及びマウスクリックした座標の取得方法です。

 

マウスのクリック判定は多くの場面で登場します。

ですので今日はコードの実装方法を解説していきたいと思います。

 

1:マウスボタンのイベント実装

 

Unityでは3つのマウスのクリック状態を取得することができます。3つというのは

1:マウスのボタンを押したとき、

2:マウスのボタンが押されているとき(主に押されたままの状態の判定)

3:マウスのボタンが押されなくなった時(つまりボタンが上に上がった時)

の3つです。

 

それぞれ上から順番に

Input.GetMouseButtonDown(num)

Input.GetMouseButton(num)

Input.GetMouseButtonUp(num)

で判別が可能です。

 

(num)についてはこちらも3種類あり、

0->左クリック、1->右クリック、2->ホイールクリック

となっています。

 

ここで1つ使い方の例をコードで書きたいと思います。

例として左クリックされた瞬間に何らかの処理をする時を考えます。

その場合以下のようなコードになります。

 

private void Update()
{
    if (Input.GetMouseButtonDown(0)){
             //何らかの処理
    }
}

 

上記のようなコードで左クリックされた瞬間になんらかの処理を起こすことができます。

とても簡単ですね。

 

2:マウスのクリック座標の取得

クリックされた座標を取得するには、

Input.mousePosition

を使います。

 

上記のコードを呼び出した際、返り値としてマウスの座標を(0,0)から(1,1)までの

画面座標を返してくれます。また型はVector2型ですので注意が必要です。

 

例えばクリックしたx座標がほしい場合はInput.mousePosition.xで取得できます

y座標も同様です。

 

以上がマウスのクリック座標の取得方法です。

 

以上のようなクリックされた時の判定、座標取得は、

PC向けゲームを作る際必ずと言っていいほど使う場面があるので覚えておきたいですね。

 

以上、Unityでマウスクリック及びマウスクリックした座標の取得方法でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です