Ubuntu:日本語のディレクトリ名を英語に変更する

Ubuntuにおいて日本語のディレクトリ名を英語に変更する方法です。

日本語版のUbuntuをインストールすると一部のディレクトリ(ダウンロードなど)が、
日本語になってしまいます。

GUI上で操作する際にはこの設定で特に問題になりませんが、
コマンドでディレクトリへ移動する際などいちいち日本語入力にし、
移動しなくてはなりません。

そこで今回はこの設定を変更し、日本語化しているディレクトリ名を元に戻す方法です。
変更するには以下の

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

というコマンドを入力します。
これによって日本語名だったディレクトリが英語になります。

注意点としてはこのコマンドではディレクトリそのものが変更されるのではなく、
新しく英語のディレクトリが作成される点です。

つまり今まで使っていたディレクトリ内のデータなどは移動されないということです。
ですので変更後は自分で移動しなくてはいけません。

いちいち日本語入力に変更しなくてはいけないのは面倒くさいので、
日本語になってそのままにしている方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

以上、Ubuntuで日本語のディレクトリ名を英語に変更する方法でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です