PHP:Switch文のcaseに0を使う。switch(true)

PHPにおいて0の場合を判定させる方法です。

 

通常の場合phpではcase文に0を用いた場合、自分の期待の動きをしてくれません。

つまり、

$num = 1;

switch($num){

case 0:echo ‘num is 0!’;

case 1:echo ‘num is 1!’;

}

この場合期待通りに動いてくれません。

 

こういった場合の対処方法です。

このような場合以下のように書きます。

switch(true){

case $num === 0:’num is 0!’;

case $num === 1:’num is 1!’;

}

もちろん数値を文字列にするなどで対処することができますが、どうしても数値を用いたい場合は

switchの()の中にtrueを入れ、===で値をチェックします。

 

こうすることによって自分の期待した動きをしてくれるようになります。

 

以上、PHPのSwitch文でcaseに0を使う方法でした。

 

 

 

カテゴリーPHP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です