Oculus Riftについての紹介

最近話題のグッズとしてOculus Riftというものがあります。

Oculus RiftとはVRに特化したヘッドマウントディスプレイ(HMD)です。

 

この商品は2012年のElectronic Entertainment Expo (E3) にて始めてプロトタイプが公開され、

その後に行われたクラウドファンディングKickstarterによる開発費募集では、目標額25万ドルをはるかに上回る240万ドルの調達に

成功するなど注目を集めたというものです。現在開発者向けに開発キットが発売されています。

 

開発キットが出回るにつれ Oculus Riftについての記事をよく見るようになりましたが、見渡してみた限りでは

ネットでの評価は好調で、本当に自分が映像の中にいるかのような圧倒的な没入感を得ることができるらしいです。

 

HMDはRiftのほかにソニーのHMZ-T1などがありますが、値段面で考えると

Riftのほうは価格が300ドルとのことなので他のHMDと比べても安いです。

 

最近それの2世代目が予約開始になりました。詳細は

で語られています。言語は英語です。

 

価格は日本円で59800円で1世代目よりも高く設定されています。

Oculus Rift向けゲームははゲーム開発ツールのUniltyでも開発が可能とのことなので、

実際に購入して試してみたいです。バーチャルリアリティーの時代がもうすぐそこまで来てるかもしれませんね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です