JavaScript:配列要素の削除

JavaScriptの配列の削除についてです。

 

JavaScriptで配列の要素の削除には2通りのやり方があります。

そのため用途に応じて使い分けなければなりません。

 

さっそく解説していきたいと思います。

 

1:deleteを使うやり方

まず1つ目はdeleteを使うやり方です。こちらは削除された要素はundefinedに置き換えられるだけであるため、

要素数に変更はありません。

 

使い方は、例としてhairetu=[“a”,”b”,”c”,”d”]があるとき、

delete hairetu[2]でhairetuの3つ目の要素がundefinedに代わり、

hairetu=[“a”,”b”,undifined,”d”]となります。

 

2:spliceを使うやり方

こちらは上記とは違い要素が削除されたと同時に配列を詰めてくれます。

そのため削除された分配列の要素数が減ります。

 

こちらも例として、上の配列の要素を削除するとき

hairetu.splice(2,1)とするとhairetuの中身は

hairetu=[“a”,”b”,”d”]となります。

 

(2,1)の意味としては0から数え始めるので2は3番目の要素、

そこから要素を1つ削除するという意味になります。

 

追加の知識としてundifinedをあとから消したい場合は、

任意の配列.compact()を使えばundifined,nullを全て消すことができます。

 

ただしこちらはprototype.jsというライブラリが必要であり、

そのままでは使用できないので注意が必要です。

 

prototype.jsはこちらからダウンロードが可能です。

 

以上で説明を終わります。この2つはよく使うので使い方の違いを覚えておいたほうがいいですね。

以でJavaScriptの配列の削除についてでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です