Ubuntu:立ち上げの際Logを表示する。

Ubuntuで立ち上げの際Logを表示する方法です。

通常Ubuntuはデフォルトではinitのログ(立ち上げの際、文字列がずらーっと表示されるあれです)
が非表示になっています。
今回はそのLogを表示して今なにをやっているのかを確認できるように変更したいと思います。

ではさっそく本題に入りたいと思います。

Initのログを表示するために、/etc/default/grubを変更します。
変更には、好きなEditor使用してください。

中央あたりに#GRUB_TERMINAL=consoleとあるので、そちらの最初の#を外し、
consoleをserialに変更、保存します。
ラストにupdate-grub2でgrub.cfgを更新します。

注意点としては、直接grub.cfgを変更せずdefault内のgrubを変更することです。
/boot/grub/grub.cfgの先頭に書いてありますが、こちらのファイルを直接編集することは
禁じられています。

以上の設定を行うと、initのログが見れるようになります。

以上、Ubuntuで立ち上げの際Logを表示するでした。

Windows7,8:isoをDVDに書き込む

Windows7,8でisoをDVDに書き込む方法です。

Windows7,8は標準でDVDにisoを書き込むソフトが用意されています。

 

ですがこのソフトは環境によってはisoファイルを右クリック->プログラムから開く

で表示されない場合があるのでその際の対処方法です。

 

まずisoファイルを右クリック->プログラムから開くで

Windows ディスク イメージ書き込みツールが表示されるかを確認します。

 

表示されなかった場合

既定のプログラムの選択をクリックし一覧に先ほどの

Windows ディスク イメージ書き込みツールがあるか確認します。

 

ここまでで表示されなかった場合

このPCで別のアプリを探すを選択し、

C:\Windows\System32\isoburn.exe

を選択します。このisoburn.exeが標準の書き込みツールです。

 

以上window7,8でisoをDVDに書き込む方法でした。

 

各OSでルータのIPアドレスを確認する

時々必要になるルータのIPアドレスを確認する方法です。

[windows]

これは簡単でwindowsではコマンドプロントを開き「ipconfig」と入力します。

デフォルトゲートウェイと書かれている場所があるのでそこに記載されている値が、

ルーターのIPアドレスです。

 

[Linux]

ターミナルで「/sbin/route」と入力します。すると、

$ /sbin/route 
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
192.168.0.0     *               255.255.255.0   U     0      0        0 eth0
169.0.0.0       *               255.255.0.0     U     0      0        0 eth0
default         192.168.0.1     0.0.0.0         UG    0      0        0 eth0

このように出るのでdefaultのGatewayの値がルーターのIPアドレスです。

ちなみにこのデフォルトゲートウェイを指定したい場合は、

route add default gw 192.168.0.1

のように設定することができます。

 

[MAC]

「アップルメニュー」→「ネットワーク環境」→「ネットワーク環境設定…」をクリックします。

開かれた画面にルーターという欄があるのでそこがルーターのIPアドレスです。

 

たまに必要になることがあるので確認方法は覚えておいたほうがいいですね。

 

以上、各OSでルータのIPアドレスを確認する方法でした。