GoogleChrome:TabMemFreeでChrome Helperのメモリを解放

GoogleChromeのアドオンTabMemFreeの紹介です。

 

最近Google Chromeを使っていると、Macのファン音がうるさいことがあります。

原因を調べようとMacのUtilityFolder内のアクティビティーモニターで確認すると、

どうやらChrome Helperの仕業らしいのでその対策として紹介します。

 

まずChrome Helperが重い理由としては、Chromeはタブを一つ開く度に

Google Chrome Helperを起動させているからです。

 

そのため複数のタブを開くとその個数分のHelperを起動するため、

リソースを大量に食ってしまうということです。

 

この問題を解決するためには、TabMemFreeを使用します。

使用方法は簡単でリンク先でダウンロード、インストールするだけです。

 

これをインストールすることで使用していないタブのメモリを自動で解放してくれます。

 

初期設定では使用せず15分経つと解放されます。

時間を変更したい場合はインストール後ChromeのURL欄の右に、

アイコンが表示されるのでそこで右クリック->オプションを選びます。

 

開いたページのTabTimelimitを変更すれば解放までの時間を変更できます。

 

余談かつ内容がデベロッパー向けかつJavaScript限定ですが、

メモリ管理についてこちらで詳しく解説されています。

今回の内容に関係している部分は最初の7分程度ですが、

メモリに関して詳しく学びたい方は参考にしていただくといいかもしれません。

 

Gmailに関する効率化について分かりやすく解説されています。(注:英語の内容です)

 

Chromeは便利ですが使用上重くなる場合がよくあるので、ぜひ使用してみてください。

以上、GoogleChromeのアドオンTabMemFreeでメモリーを解放する方法でした。

なんとなくGitを使っている方へ

Gitの入門についてです。

 

プロジェクトなどの複数人でプログラムを作ったりする際にGitはとても重宝します。

ですが実際Gitについてよくわからないのにとりあえず使ってる人も多いと思います。

 

私自身学校のカリキュラム、学外でのプロジェクトの際にGitでのソースコードの共有を

行いましたがあまり仕組み自体はわからず使用していました。

 

今回紹介するのは、そんな方にお勧めな

この(http://www.slideshare.net/matsukaz/git-17499005)スライドです。

 

Gitの仕組みやSubversionなどの同分野のものとの違い、

使用方法などGitを使ううえで重要な事柄を説明してくれています。

 

少し長いですが上記のスライドを見れば今までなんとなく使っていたGitについての理解が

深まると思うので、ぜひ一読ください。

 

以上、なんとなくGitを使っている方へでした。

Slife:使った時間を可視化してくれる ソフト

Slifeという使った時間を可視化してくれる ソフトの紹介です。

 

まずこのソフトについてですが、このソフトはPC(現在はMacのみの対応)での自分の

動きを記録し、なにに時間を使ったのかが一目瞭然となるソフトです。

 

かなり細かく記録されるので使ったアプリケーションはもちろんのこと、

見ているWebページや使ったドキュメントなども記録されていきます。

 

ですのでこのソフトは休日にパソコンを開くと何に使っているかはわからないが、

一日があっという間に終わってしまうという人にお勧めです。

 

ソフトはここからダウンロードすることができます。

またこのソフトを使うにはSign upをする必要があるので注意してください。

 

基本的な使用はクライアントをダウンロード、起動し

Sign inすることで記録が開始されるのでとても手軽です。

 

このソフトの特徴としてグラフィカルに時間の使用を表示してくれるので、

直感的に時間の無駄がわかるのでとても便利です。

 

これを使い自分が何に時間を使っているかを明瞭にし、

なるべく無駄なものには時間を割かないよう次回から気を付けたいですね。

 

Slifeという使った時間を可視化してくれる ソフトの紹介でした。