インフラ自動化 Ansibleについて

超久々の投稿です。

 

最近インフラ関係の仕事が多く、その中でも自動化がインフラとしての課題なので調べています。

 

その中でもansibleというツールを使用しようと考えており、そのことについて書きます。

 

ansibleとはサーバーソフトウェアのインストールをコードベースで管理できるシステムです。

 

具体的にはインストールやファイル操作など実行したいことをコードベースで記述、操作を行う対象サーバを記述し実行することで、対象にsshし、インストールなどの操作を行ってくれます。

 

もちろん手動でサーバを用意することもできますが、この方法によるメリットは他の人がそのサーバに何がインストールされているかを理解しやすい、作り直しや同じものを作るときに簡単に作れる、インフラの構成をgitなどを用いてコードベースで保存できるのできるなどがあります。

 

サーバを用意する際にどれだけ時間を節約できるかは、インフラエンジニアとしてとても重要な部分なので、どんどん簡単にできる方法を導入していきたいですね。またアプリエンジニアでもローカルに環境を用意することが多くあると思うので、ぜひ使って見てください。

 

ansibleの学習の際自分はオライリーから出ている「初めてのansible」という本を使用しました。

 

この本はansibleのインストールの方法、使い方、設定方法、ansible など、ansibleを一通り使いこなす方法がカバーされており、初心者からansibleをさらに知りたい人まで役立つ内容でした。

 

またansibleのみではなく、他の同種のツール(Puppet, Chef)などとの違いや、dockerなどの他ツールとのコラボレーション方法なども詳しく書いております。特に今はAWSやGCEなどクラウド上でサーバーを動かす機会が多くあるので、これらのことも詳しく書いてあるのも大変役立ちました。

 

ぜひ参考にして見てください。

以上インフラ自動化 Ansibleについてでした。