起業家Elon Muskについて

今回は、Elon Muskの紹介をします。

彼はアメリカの起業家でありZip2, Paypal, SpaceXなどの偉大な企業を立ち上げた人物です。

まず彼の経歴を述べていきます。

 

彼は10歳のときにコンピュータを買い、プログラミングを独学しました。

また12歳のときに最初の商業ソフトウェアであるBlasterを販売します。

1995年に高エネルギー物理学を学ぶためスタンフォード大学の大学院へ進むが、2日在籍しただけで退学し、

兄弟のKimbal Muskとともに、オンラインコンテンツ出版ソフトを提供するZip2社を起業します。

 

Muskはこれまで多くの他分野の企業を起業しているが、初の起業はこのZip2です。

この会社はのちにコンパック社のAltaVista部門に買収され、マスクは3億700万USドルの現金と、

ストックオプションで3400万ドルを手にいれます。

 

1999年にはオンライン金融サービスと電子メールによる支払いサービスを行うX.com社の共同設立者となります。

X.com社は1年後にConfinity社と合併し、これが2001年にPayPal社となります。

 

2002年に彼は3つ目の会社として、宇宙輸送を可能にするロケットを製造開発するスペースX社を起業し、

現在CEOならびにCTOに就任しています。また電気自動車会社であるテスラモーターズ社に投資し、

同社の最初のモデル「0001」を自ら所有します。2008年10月には同社の会長兼CEOに就任しました。

 

2006年には太陽光発電会社ソーラーシティを従兄弟であるリンドン·リーブと共同で立ち上げ、

現在は同社の会長に就任していると、以上のようにいろいろなことをやっています。

彼のすごいところは一つの分野のことでなく、多くの分野のことに積極的に介入し成功を収めていることだと思います。

タイムズ紙において、2013年世界で最も影響のある100人に選出されました。

 

まだまだ書くことは多いですが、ここぐらいでやめておきます。

彼の大まかなまとめはここやここに

あるので参考にしていただければいいと思います。

 

上の記事によると週の労働時間は80時間から100時間だとのことです。

痩せた考えを述べると、彼はもう一生働かなくても暮らせるお金は持っているのでこれ以上働かなくても困りませんが、

まだ仕事をし続けています。お金が目的でなく自分のやりたいことをなすために働いてる感じがしてとても好印象です。

生涯学習と言いますしし、彼のようにいつまでたっても自分の夢の実現に貪欲に生きていきたいですね。

 

Elonの動画を張っておきます。興味を持たれた方はぜひ見ることをお勧めします。

 

本はこちら

イーロン・マスクの野望 未来を変える天才経営者

 

起業家Elon Muskの紹介でした。