株式投資の重要指標

株式投資の重要指標です。

こちらで解説している指標は、四季報などを見るときに特に気にしてみたほうがいい指標になります。

またそれと同時に最低限知っておくべき指標でもあります。

 

早速解説していきます。

1:BPS Book-value Per Share の略

BPSとは、一株に対して株主資本がいくらであるかを表す指標です。

 

計算式で表すと、

BPS(円)=株主資本※÷発行済み株式数

BPSはPBR(株価純資産倍率)を算出する際の分母にもなります。

 

2:EPS Earnings Per Share の略

EPSとは、一株に対して最終的な当期利益(純利益)がいくらであるかを表す指標です。

 

計算式で表すと、

EPS(円)=当期純利益÷発行済み株式数

EPSはPER(株価収益率)を算出する際の分母にもなります。

 

3:PBR Price Book-value Ratio の略

 

PBRとは、(株価)純資産倍率です。

 

株価純資産倍率の計算式は「株価÷1株あたりの株主資本」です。

これにより今の株価が1株当たりの株主資本の何倍かを知ることができます。

 

この値が低い銘柄は割安であるといえます。ただし、この指標のみで割安感を判断してはいけません。

他の指標と総合評価が必要です。

 

4:PER Price Earnings Ratio の略

 

PERとは、株価収益率です。

株価収益率の計算式は「株価÷1株あたりの利益」です。

これにより、今の株価が1株当たり利益の何倍かを知ることができます。

 

この値が低い銘柄は割安であるといえます。ただし、この指標のみで割安感を

判断してはいけません。他の指標と総合評価が必要です。

 

5:ROE  Return On Equityの略

 

ROEとは、企業の収益性を測る指標です。株主資本(株主による資金=自己資

本)が、企業の利益(収益)にどれだけつながったのかを示します。

計算式は以下のようになります。

 

ROE = 当期純利益 ÷ 株主資本となります。

 

ROEが高いほど株主資本を効率よく使い、利益を上げて能力の高い経営がなされていることがわかります。

逆に、ROEがあまりにも低い企業は、資金をうまく使えていないわけですから、

経営が下手ということで、会社の存在価値が疑われてしまいます。

 

6:ROA  Return On Assetsの略

 

ROAとは、総資産利益率とも言われ、事業に投下されている資産が利益をどれだけ獲得したかを示す指標です。

計算式は、

 

ROA=当期純利益÷ 総資産 になります。

 

ROAは事業の効率性と収益性を同時に示す指標としても知られています。

ちなみにROAは、Return on Assttsと英語で表記し、リターン・オン・アセットと読みます。

 

以上が最低限知っておくべき重要指標になります。こちらを意識し、

上がる銘柄を探していきたいですね。

 

以上、株式投資の重要指標でした。

 

 

 

投資本:ウォール街のランダムウォーカー

最近読み終わった、ウォール街のランダムウォーカーの紹介です。

 

この本は金融市場の値動きが一定の周期などはなく、

コイントスのような偶然によってもたらされているということを、

過去の例などを用いて詳しく解説されています。

 

最近の株式投資ではチャートパターンで売買をしている人も多くおり、

いわゆるシストレといった方法で取引をしている人が多々います。

 

そのようなパターンを見抜いた投資を本書では、

理由を踏まえて有効ではないことを解説しています。

 

またこの本はチャートだけでなく証券会社の格付けや業績予想が、

あまり役に立たないこと、投資信託のリターンが一時的はいいかもしれないが、

継続的には市場平均をした下回ることなどを過去の例から解説しています。

 

加えて本書ではこの考えに基づいた効率のいい投資法などが解説されています。

そこも投資家には必見です。

 

いろいろな投資に関する考えが存在していいしランダムウォークが必ずしも正しいとは言えませんが、

非常に有効な株式投資のノウハウが学べるのでぜひ一読ください。

 

 

ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理

 

 

以上、ウォール街のランダムウォーカーの紹介でした。

ウォーレン・バフェットの名言、格言

本日はあの世界一とうたわれる投資家、ウォーレン・バフェットの名言、格言

をまとめていきたいと思います。バフェットさんの投資スタイルは安く買って高く売る、

ファンダメンタル分析を徹底するであるので長期投資を行う人にとっては学ぶ点が多くあります。

 

まずバフェットさんを語るのに、ベンジャミン・グレアムの存在が欠かせません。

なぜなら彼の投資スタイルはグレアムさんが大きく影響しているためです。

 

グレアムさんの有名な著書「賢明なる投資家」は、

第2次世界大戦後間もない1949年に初版が出版されて以来版を重ね、

60年近く経った今でも読み継がれている名著です。

そして、彼の理論は今日でもまったく色あせることはありません。

 

興味を持たれた方は、一度読んでみるといいかもしれません。

本はこちらになります。

 

 

グレアムさんの詳細は他の機会に書きたいと思うので、

そろそろバフェットさんの名言、格言について話を進めていきたいと思います。

 

1:金持ちになるための2つのルールを守りなさい。
 【ルール1】絶対にお金を損しないこと。
 【ルール2】絶対にルール1を忘れないこと。

ウォーレン・バフェットの名言格言|金持ちになるための2つのルール

これはシンプルな考えですが、まずお金を損しないことは大事ですね。

まあできたら苦労しないですが・・・。

 

2:長期保有する。

これは彼の投資スタイルそのものです。今はボラを狙いデイトレをやる人が多いですが、

株式を保有する意味は別の言葉で表すとその会社を買うことなので、

やってはいけないと彼は考えているみたいです。

 

3:株券ではなく事業を買う。

これは上で述べたことそのものです。事業に目を向け、株価に惑わされないようにしなければなりません。

 

4:株が下落したときに売ってはいけない。むしろ買うべき

2/3 大投資家の名言 ウォーレン・バフェット [資産運用] All About

下落した時には、他の会社に連れられて株価が下がるものがあるので、

そういったものは本来の価値が下がったわけではないので将来的には上がります。

そのためどんどん攻めていったほうがいいでしょう。まあ実際は怖いですが・・・

 

5:10年、20年経っても欲しいと思うものを作っているかどうか、これが私の投資判断の基準です。

これはだいぶ大事な考えだと思います。まず第一に自分が使うもの、使いたいものでなくては

その企業が伸びることはないでしょう。またそうでなくても自分の知らない分野に手を出さず、

自分のわかる分野の企業に目を向けたほうがいいそうです。

 

6:大事なのは、自分が好きな事をとびきり上手にやることです。
お金はその副産物に過ぎません。

これは投資でなくともいえることです。仕事でもなんでも好きでなければ長続きしません。

プロフェッショナルマネージャーのハロルドさんも金と経験では、まず経験をとれと言っています。

 

7:10億ドルへの第一歩さ。(1セント硬貨を拾って言った一言。

考え方自体がとてもスケールが大きいです。

たかが1セントされど1セントです。

 

上記のことは彼の格言の氷山の一角でしかないのですが、

ここまでにしたいと思います。

心に響いた点がありましたら明日から意識して生活していきたいですね。

 

紹介したバフェットさんの本はいくつか販売されているので、

ぜひ読んでみてください。

 

以上ウォーレン・バフェットの名言、格言でした。