ウォーレン・バフェットの名言、格言

本日はあの世界一とうたわれる投資家、ウォーレン・バフェットの名言、格言

をまとめていきたいと思います。バフェットさんの投資スタイルは安く買って高く売る、

ファンダメンタル分析を徹底するであるので長期投資を行う人にとっては学ぶ点が多くあります。

 

まずバフェットさんを語るのに、ベンジャミン・グレアムの存在が欠かせません。

なぜなら彼の投資スタイルはグレアムさんが大きく影響しているためです。

 

グレアムさんの有名な著書「賢明なる投資家」は、

第2次世界大戦後間もない1949年に初版が出版されて以来版を重ね、

60年近く経った今でも読み継がれている名著です。

そして、彼の理論は今日でもまったく色あせることはありません。

 

興味を持たれた方は、一度読んでみるといいかもしれません。

本はこちらになります。

 

 

グレアムさんの詳細は他の機会に書きたいと思うので、

そろそろバフェットさんの名言、格言について話を進めていきたいと思います。

 

1:金持ちになるための2つのルールを守りなさい。
 【ルール1】絶対にお金を損しないこと。
 【ルール2】絶対にルール1を忘れないこと。

ウォーレン・バフェットの名言格言|金持ちになるための2つのルール

これはシンプルな考えですが、まずお金を損しないことは大事ですね。

まあできたら苦労しないですが・・・。

 

2:長期保有する。

これは彼の投資スタイルそのものです。今はボラを狙いデイトレをやる人が多いですが、

株式を保有する意味は別の言葉で表すとその会社を買うことなので、

やってはいけないと彼は考えているみたいです。

 

3:株券ではなく事業を買う。

これは上で述べたことそのものです。事業に目を向け、株価に惑わされないようにしなければなりません。

 

4:株が下落したときに売ってはいけない。むしろ買うべき

2/3 大投資家の名言 ウォーレン・バフェット [資産運用] All About

下落した時には、他の会社に連れられて株価が下がるものがあるので、

そういったものは本来の価値が下がったわけではないので将来的には上がります。

そのためどんどん攻めていったほうがいいでしょう。まあ実際は怖いですが・・・

 

5:10年、20年経っても欲しいと思うものを作っているかどうか、これが私の投資判断の基準です。

これはだいぶ大事な考えだと思います。まず第一に自分が使うもの、使いたいものでなくては

その企業が伸びることはないでしょう。またそうでなくても自分の知らない分野に手を出さず、

自分のわかる分野の企業に目を向けたほうがいいそうです。

 

6:大事なのは、自分が好きな事をとびきり上手にやることです。
お金はその副産物に過ぎません。

これは投資でなくともいえることです。仕事でもなんでも好きでなければ長続きしません。

プロフェッショナルマネージャーのハロルドさんも金と経験では、まず経験をとれと言っています。

 

7:10億ドルへの第一歩さ。(1セント硬貨を拾って言った一言。

考え方自体がとてもスケールが大きいです。

たかが1セントされど1セントです。

 

上記のことは彼の格言の氷山の一角でしかないのですが、

ここまでにしたいと思います。

心に響いた点がありましたら明日から意識して生活していきたいですね。

 

紹介したバフェットさんの本はいくつか販売されているので、

ぜひ読んでみてください。

 

以上ウォーレン・バフェットの名言、格言でした。