C:配列にまつわるちょっとした不思議な現象

C言語の配列にまつわる不思議な現象についてです。

例としてC言語で配列

a[11] = 1;

と定義したとします。

この時、a[11]以外にもこの配列にアクセスすることができます。

その方法とはキーと配列名を入れ替えた、

11[a]を呼び出すことです。

C言語では入れ替えたものを呼び出すと上と同じ結果になります。

 

ちょっとした豆知識でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です