株式投資の重要指標

株式投資の重要指標です。

こちらで解説している指標は、四季報などを見るときに特に気にしてみたほうがいい指標になります。

またそれと同時に最低限知っておくべき指標でもあります。

 

早速解説していきます。

1:BPS Book-value Per Share の略

BPSとは、一株に対して株主資本がいくらであるかを表す指標です。

 

計算式で表すと、

BPS(円)=株主資本※÷発行済み株式数

BPSはPBR(株価純資産倍率)を算出する際の分母にもなります。

 

2:EPS Earnings Per Share の略

EPSとは、一株に対して最終的な当期利益(純利益)がいくらであるかを表す指標です。

 

計算式で表すと、

EPS(円)=当期純利益÷発行済み株式数

EPSはPER(株価収益率)を算出する際の分母にもなります。

 

3:PBR Price Book-value Ratio の略

 

PBRとは、(株価)純資産倍率です。

 

株価純資産倍率の計算式は「株価÷1株あたりの株主資本」です。

これにより今の株価が1株当たりの株主資本の何倍かを知ることができます。

 

この値が低い銘柄は割安であるといえます。ただし、この指標のみで割安感を判断してはいけません。

他の指標と総合評価が必要です。

 

4:PER Price Earnings Ratio の略

 

PERとは、株価収益率です。

株価収益率の計算式は「株価÷1株あたりの利益」です。

これにより、今の株価が1株当たり利益の何倍かを知ることができます。

 

この値が低い銘柄は割安であるといえます。ただし、この指標のみで割安感を

判断してはいけません。他の指標と総合評価が必要です。

 

5:ROE  Return On Equityの略

 

ROEとは、企業の収益性を測る指標です。株主資本(株主による資金=自己資

本)が、企業の利益(収益)にどれだけつながったのかを示します。

計算式は以下のようになります。

 

ROE = 当期純利益 ÷ 株主資本となります。

 

ROEが高いほど株主資本を効率よく使い、利益を上げて能力の高い経営がなされていることがわかります。

逆に、ROEがあまりにも低い企業は、資金をうまく使えていないわけですから、

経営が下手ということで、会社の存在価値が疑われてしまいます。

 

6:ROA  Return On Assetsの略

 

ROAとは、総資産利益率とも言われ、事業に投下されている資産が利益をどれだけ獲得したかを示す指標です。

計算式は、

 

ROA=当期純利益÷ 総資産 になります。

 

ROAは事業の効率性と収益性を同時に示す指標としても知られています。

ちなみにROAは、Return on Assttsと英語で表記し、リターン・オン・アセットと読みます。

 

以上が最低限知っておくべき重要指標になります。こちらを意識し、

上がる銘柄を探していきたいですね。

 

以上、株式投資の重要指標でした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です