タカ派とハト派

タカ派とハト派についてです。

最近のFRBの会議などでタカ派、ハト派などの言葉が使われていて

少し疑問になって調べました。2つの違い意味についてです。

 

まずタカ(鷹)派とは、強硬的な政治信条を持つ人、または集団を指す言葉です。

これが経済の分野になると、経済状況にたいして強気なスタンスであり、

利上げ賛成派といった意味になります。

インフレ懸念があるため、利上げや金融引き締めに積極的なスタンスになります。

 

一方ハト派は、経済状況にたいして慎重な見方をすることや、

利上げ反対派になります。

金融緩和を行っている場合は、緩和の継続派ということになります。

 

ちなみにイエレン議長はハト派、フィッシャー副議長はタカ派らしいです。

 

こういった経済用語は非常に重要なので、

しっかり覚えておきたいですね。

 

以上、タカ派とハト派の違いについてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です